『大きな会社ではなく、良い会社にしましょう!』…規模ではなく、価値の高い会社を!



労働人口の減少を労働参加率の向上で補ってきた30年でした。

日本はGDPを伸ばせなかったといわれますが、何とか落とさずに守り切ったと考えることもできます。今後は、さらに労働人口が減少し、上限に近い労働参加率の向上は期待できず、GDPが減少する縮小局面に突入します。多分そうなります。


中小企業経営者は、全体では伸びない市場の中で、如何にして存在意義を持つことができるかがカギです。自社の本当の強みを活かして伸ばす、それ以外は切り捨てる経営が必要になりそうです。とりわけ、昭和の遺産である規模を追求する経営を止めて、価値=質を求める経営に移行してください。


■規模ではなく、価値=質を求める経営に移行して、企業の価値向上を図りましょう。



◆1.売上至上主義発想を止める


◎売上の大きさではなく利益の大きさが重要

◎同じ利益なら、売上は小さいほうが良い


売上には高品質な売上と安物の売上があります。企業価値は売上の純度に相関します。売上の純度が高い企業ほど、その企業価値は高くなります。売上の純度を高める経営、純度の低い売上を取り除く経営を行ってください。企業価値が向上します。



◆2.売り切りから継続販売、継続的なサービス提供へ!


◎所有から利用へ、顧客ニーズは変わってきた

◎一過性の売上より、継続する売上の方が良い


顧客ニーズは、所有から利用へと変わってきました。経営的にも、売切りの一過性の売上よりも、継続的な売上の方が安定します。また、継続的に利用してもらうためには、商品やサービスに進化・発展が求められます。継続的な集金モデルを有する企業には、それに相当する企業価値が与えられます。



◆3.持たざる経営への移行!


◎総資産の大きさではなく純資産の大きさが重要

◎同じ利益なら、従業員は少ない方が良い

◎同じ費用総額なら、固定費は小さく、変動費が大きい方が良


資産には価値ある資産とそうでない資産があります。企業価値は資産の純度に相関します。資産の純度が高い企業ほど、その企業価値は高くなります。資産の純度を高める経営、純度の低い資産を持たない経営を行ってください。企業価値が向上します。



◆4.良い事業立地を選定する!


◎どこにでもある事業ではなく、レアな事業を行う方が良い

◎飽和した成熟市場を攻めるより、成長性のある市場の方が良い

◎相対的優位に立てる市場が面白い


事業は、いかに上手に運営するか(マネージメント)の前に、どんな事業をするか(事業立地の選定)が重要です。取り組む事業を間違えたら、経営の成果、企業の価値向上は限定的です。

企業価値を高くとるためには、事業立地の選定が重要です。


企業の規模ではなく、企業の価値に重点を置いた経営に移行しませんか。そのためにも、事業計画書を作って、又は、作り直してみませんか。今から作る事業計画書は、【規模拡大を目指す計画書】ではなく、【企業価値を向上させる計画書】にしてください。


※銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、クライアントに『お金の心配をできるだけしない経営を行ってもらう』ための新しい機能(=金融機関対応を含む財務の機能)を持つことを宣言いたします。


我々は、『税理士』ではなく、『新・税理士』です。

遠慮なくご相談ください。